子供から大人まで負担なく通える歯医者|虫歯や歯周病もすぐに治す

女性

病気の状態に合わせた治療

歯科医と患者

東京の歯医者は、虫歯の進行状態に合わせた治療法を行なってくれます。軽度の虫歯ならばフッ素塗布によって処置を行ない、重度の虫歯には根管治療とインレーによる詰め物で対処します。詰め物には銀歯やインレーなどの種類があり、最適な治療法を選択しましょう。

Read More

子供への治療

歯の治療

歯の治療といえば、多くの人が強い痛みを受けるものというイメージを持つでしょう。事前に麻酔処理を行なうことで痛みを軽減させているとしても、ドリルの振動や熱によって痛みを覚える人は多いものです。特に痛みに敏感な子供だと、歯科へと継続して通うことを避けてしまうものです。治療途中でボイコットしてしまい、さらに症状を悪化させてしまう場合もあるのです。そこで東京の歯医者は、痛みを可能な限り抑えた治療法を行なっています。麻酔剤を患部に塗布することで、麻酔の経皮摂取により痛みを取り除きます。通常歯の麻酔では、注射による部分麻酔を行なうものですが、注射自体にも強い痛みを覚えるため問題となります。麻酔剤を塗布することで麻酔注射の痛みも取り除けるので、二重に痛みを抑制することができるのです。東京の歯医者では、麻酔の注射針も極小の無痛注射針を使用しています。徹底した痛みの抑制処置により最後まで無痛で治療を受けさせることができるため、子供に負担を与えず通院させることができるでしょう。

子供の歯のトラブルといえば、虫歯のほかに歯並びの問題が挙げられます。子供の歯は乳歯から永久歯へと生え変わるものですが、一斉に生え変わるわけではなく一本ずつランダムに生え変わるものです。その際、歯列全体の噛み合わせが悪くなることや生え変わりがスムーズに行なわれず、不正咬合が現れる場合があり注意が必要です。子供の歯並びを整えるには、東京の歯医者が行なう歯列矯正器具を使用する必要があります。いずれ永久歯に生え変わるからと、矯正器具を使うことに抵抗を覚える人もいるでしょう。しかし、歯列矯正の器具は顎の成長を促す作用もあります。乳歯の内から矯正器具を使用することで、健康で見た目も美しい永久歯を得ることができるでしょう。

厄介な歯周病への対処

医療器具

東京の歯医者では、歯周病治療も行なっています。歯周ポケットの清掃と歯茎の腫れを抑える治療法を行なうことで、歯周病による症状を改善させられるのです。痛みによる負担のないレーザー治療も多くの人に選ばれる治療法です。

Read More

負担を掛けない抜歯方法

インプラント

東京の歯医者では、親知らずの抜歯も行なっています。真っ直ぐに生えない親知らずは、他の歯に影響を与えるため問題となります。麻酔が効くようにしっかりと前準備を行ない、万全の体制で親知らずの抜歯を行なってくれます。

Read More