子供から大人まで負担なく通える歯医者|虫歯や歯周病もすぐに治す

男女

負担を掛けない抜歯方法

インプラント

歯医者で治療を受ける場合、親知らずの抜歯を行なう目的で受診する人も多くいます。親知らずは奥歯に生える永久歯の一つです。本来ならば生えるべき歯であったものの、柔らかい食べ物を食べる習慣によって顎が小さくなり、歪んだ状態で生えてしまう歯なのです。親知らずが生えた場合、正常に生えたものであれば、東京の歯医者は抜歯することはありません。しかし、生えたことで他の健康な歯に悪影響を与えるようであれば抜歯します。歪んで生える親知らずを放置した場合、他の健康な歯を圧迫し歯列全体が徐々に歪んでしまいます。また、奥に生えることから歯磨きが行き届かなくなり、虫歯になりやすいのも問題です。歯ブラシが届かない親知らずであれば、高確率で虫歯になりやすく強い痛みが伴います。虫歯を一つ放置すれば、健康な他の歯も伝染させる恐れがあります。東京の歯医者では、診察によって問題があると判断した親知らずを抜歯してくれます。知らぬ間に生えた歯は、歯医者で悪影響がないかどうかを判断してもらい、口腔状態を整えていきましょう。

通常の歯と異なった生え方をする親知らずであるため、東京の歯医者は初めにレントゲンを撮って治療計画を行ないます。歪んで生えた親知らずは、歯茎への負担も大きく強い炎症や痛みが現れることが多くあります。症状が激しい場合は麻酔薬がうまく効かないこともあるので、東京の歯医者は炎症をある程度抑制させた後に抜歯を行ないます。炎症を起こす菌を薬で殺菌し、抗炎症作用をもたらす薬を使用することで、手術のコンディションを整えるのです。場合によって、歯茎を切開し手術糸で縫合する大掛かりな手術を行なうこともあります。このような時も東京の歯医者は、患者さんに負担をかけないように前準備を怠りません。