子供から大人まで負担なく通える歯医者|虫歯や歯周病もすぐに治す

男女

厄介な歯周病への対処

医療器具

歯に現れる病として、気をつけるべきは虫歯だけではありません。歯茎を炎症させることで歯茎が次第に下がる歯周病も、しっかりとした治療が必要となります。歯周病は歯を失う一番の原因としても知られており、自覚症状も現れにくいことから気づいた時には歯が抜けてしまうこともあるのです。歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間に菌が入り込み、繁殖することで歯茎に炎症が起こることで歯周病は発症します。歯茎は炎症によるダメージを繰り返し受けることで、徐々に後退してしまいます。歯を支える歯茎が後退すれば、歯が除々にグラグラして簡単に抜け落ちるのです。東京の歯医者では、この厄介な歯周病にも対処を行ないます。特殊な器具を使って歯周ポケットの清掃を行ない、同時に歯茎の炎症を抑制する薬を使用します。洗浄と抗炎症作用により歯茎の後退を防げるため、東京の歯医者に通うことで歯周病を予防することができます。

歯周病への治療方法として、東京の歯医者ではレーザー治療機を使用します。歯科用のレーザー治療機は、歯茎の出血や腫れを抑えることができる効果があります。一般的に歯医者で行なわれる治療法では、ドリルや機械の圧力で歯茎に負担を与えてしまうことがあります。しかし、レーザーであれば歯に振動を与えることもなく治療が行なえるため、痛みや不快感が軽減されます。歯周病治療の目的で使用する場合、炎症を起こしている歯茎の一部をレーザーで蒸発させることで、歯茎の腫れを治療することができるでしょう。熱による菌の殺菌効果も高いため、東京の歯医者では軽度の虫歯治療にこの治療法が選択されています。