子供から大人まで負担なく通える歯医者|虫歯や歯周病もすぐに治す

男女

病気の状態に合わせた治療

歯科医と患者

東京の歯医者では、しっかりとした虫歯治療を行なってくれます。虫歯による進行の度合いに合わせ適切な治療法を選択するのです。非常に軽度の虫歯であれば、歯の表面が少し溶かされた程度であるため、簡単な処置で治療を行ないます。エナメル質が溶かされ変色した歯は、歯の表面にフッ素を塗布することで再石灰化を促し再生させることができます。フッ素処置の前に必ず歯の洗浄をしっかりと行なうので、虫歯の進行を防ぐことができるでしょう。重度の虫歯となると歯の一部が侵蝕され穴があき、内部の象牙質や神経にまで虫歯菌が入り込んでしまった状態となります。虫歯は見た目ではっきりとわからないものです。目立たないごく小さな穴が開けられ、気づかぬ内に進行して重篤な痛みと歯茎の腫れを招くのです。東京の歯医者では、痛みを伴う虫歯への治療法として根管治療を行ないます。歯の神経を取り除くことで痛みを緩和し、さらに患部を削ってインレーと呼ばれる歯科用の樹脂で、削った穴を塞ぎます。患部をそのままにすると再度虫歯が発生する恐れがありますが、インレーを埋めることで、再発を防ぐことができるのです。

虫歯治療による歯の詰め物として、東京の歯医者では銀歯とインレーの二種類を選ぶことができます。銀歯は非常に耐久性のある詰め物のため、今でも多くの歯科で治療に利用されています。詰め物による治療効果を長く得たい人は、銀歯を選択するとよいでしょう。銀歯に対してインレーは、見た目が非常に自然であることが利点となります。歯とほぼ同色である白色の樹脂なので、歯の見た目を気にする女性などに好んで選ばれているのです。耐久性に関していえばやや銀歯には劣るものの、固い食べ物を咀嚼することも問題なく行なえるので、実生活でそれほど気を使うこともないでしょう。治療の前に東京の歯医者のカウンセリングを受け、どの治療法が最適かを選びましょう。